本文へスキップ

「ハイ!よろこんで」が合言葉。 庄やグループ 米川水産株式会社は水産卸し・通信販売を専門とする会社です。

TEL. 03-6423-6376

〒144-0033 東京都大田区東糀谷6-1-27

豊洲市場店MARKET

※写真は築地市場のものです
米川水産株式会社 - 築地市場店

 米川水産の第一歩、発祥の地

米川水産 - 築地市場店


米川水産は、
東京築地市場の場内店から始まりました。

場内店は、公開入札・セリなどで仕入れられたマグロを、デパート・スーパー・外食産業・魚屋・寿司屋などの小売店にうりさばく所つまり、消費者(一般の人々)の「その日」の食卓にのぼるマグロが取引される場所です。


ここでは、朝5:00〜昼過ぎぐらいまでマグロを買いに来るお客様(主に小売業や流通関係の人々)たちが自分の目で吟味し、選別した米川のマグロを買取ります。


そして、我々はその買取られたマグロをその場で大型カッターを使い、お客様が処理しやすい大きさにした後、梱包して受渡します。また現在この米川水産の場内店はそれ自体が小さな市場だと皆様からいわれるくらい数多くのマグロを毎日取り揃えております。


お客様には常に米川は活気にあふれた店との評価をいただいているのも社員一同にとっても一層の励みとなっています。




直輸入 オーストラリア産蓄養生インドマグロ
解凍済 チルド・マグロ柵



豊洲市場 =豊洲市場全景=(提供:東京都中央卸売市場)
太陽光パネル、屋上緑化広場等、省エネに貢献している様がご覧いただけます
<平成30年10月に豊洲新市場に移転しました>
 豊洲市場は、50年先まで見据えた首都圏の基幹市場として、築地市場が果たしてきた豊富で新鮮な生鮮食料品流通の円滑化と価格の安定という機能に加え、消費者の意識が高まっている食の安全・安心の確保、効率的な物流の実現など、産地や顧客・消費者の様々なニーズにも対応していきます。 さらに、環境に配慮した先進的な市場とするとともに、築地市場の築いてきた歴史と伝統を継承・発展させていくことで、豊洲市場の魅力=ブランド力を高めていくことを目指しています。(東京都中央卸売市場ホームページから抜粋)

バナースペース

米川水産株式会社

〒144-0033
東京都大田区東糀谷6-1-27
DS・Lヘッドクォーター羽田3F

TEL 03-6423-6376
FAX 03-6423-6379